メルカリで野菜販売!プラットフォームの再定義

こんにちは、ゆるりです。

バイマをやっていると、バイマの中ばかり見てしまいますし、
他のことやっていると、その周辺の情報ばかり見てしまいがちですよね。

でも案外もっと外に目を向けると、いろんなヒントが落ちていますよー
ということを今回は紹介しますね^^

本日はメルカリのお話。

メルカリ

現在ものすごい勢いのメルカリ。

ご存知スマホのフリマアプリですね。

2017年頭で日本版5000万ダウンロード、1日の出品数100品到達というモンスターアプリです!

メルカリは若者のものだけではない

やっぱりスマホだし、フリマだしメルカリっていったら

10代から20代のものですよね〜って感じがしますよね。

確かに10代から20代の利用者はかなり多いみたいです。

でもなんとおばあちゃんがメルカリをうまく利用しているという記事が!

メルカリをこんな利用の仕方をしているおばあちゃんが!

おばあちゃん

◆メルカリは若者だけのものじゃない。85歳のおばあちゃんの使い方

富子さん、85歳。趣味は野菜作り。

自慢の畑にはトマトやナス、かぼちゃ、しそ、ゴーヤなどの夏野菜が所狭しとひしめいています。

 

富子さんのもうひとつの顔は「tomico」。メルカリで野菜を販売するユーザー名です

野菜を販売しているユーザー!85歳ですよ

そしてメルカリユーザー名は【tomico】。

ラッパーかよ!って感じですが、普通のおばあちゃんです笑

「田舎の親戚から送られてきた季節のおすそ分けのように、梱包は母が、ご連絡は嫁がいたします」

この説明の通り、梱包・発送作業を娘の裕子さん、メルカリを使ったユーザーとのやりとりは孫の俊江さんがおこなっています。親子3世代で「おばあちゃんの野菜」を全国へ!

よく読んでみると、親子3代で販売しているんですね。

メルカリを使っていた孫娘の俊江さんがおばあちゃんの野菜を売ることを思いついた

ようですが、お母さんが梱包をして、メルカリのやりとりはお孫さんが行うという

素晴らしいコラボレーション!

他にも野菜をメルカリで売っている人がいる

スクリーンショット 2017-09-24 15.50.23

メルカリを見てみると、他にも野菜の出品がたくさん!

そして結構売れているんですね。

何と言っても5000万ダウンロードということなので、純粋にこのダウンロード数が

ユーザー数ではないとしても、相当な国民数に対しての割合ですよね。

小規模農家は販路と送料の問題をみんな抱えている

ゆるりも農家の方の支援を行ったりしたことがあったのですが、

農協経由以外で販売するのは結構大変なんですね。

消費者は作っている人の顔が見えるものが買いたいという需要がありながらも、

送料に関して問題を抱えている場合が多々ありました。

結局あまり送料が高いと、消費者もかなり割高になってしまうし、

安くすると儲けがほとんど残らないという状況になります。

メルカリで野菜を販売するメリット

最初にメルカリで野菜を売るというのを思いついた人はすごいなと思いますが、何よりこのメルカリのシステムを使うと

①らくらくメルカリ便が使える

ヤマト運輸と提携していて、送料割引、
送付状宛名書き不要など様々なメリットと全国一律の送料!

たとえば北海道や離島など遠隔地でも
割増料金を取られずに保障付きで送ることができるというのは結構大きい。

特に北海道や九州などの農家だと、首都圏中心の三大都市圏に送ることが多くなるはずなので、余計にこの送料が一律であることの恩恵にあやかれますね^^

②出品売上げから購入費用に回せる

メルカリの大きな特徴の1つに、
出品売上げのお金をさらに購入に回せるという、
内部で経済が循環する仕組みがある。

つまり、Aさん⇒Bさんへの売上げによって得たお金を、
BさんはCさんから購入する資金に使えるというのは、生産者も購入者もメリットを得られる。

という強力な恩恵もあるのは、実はあまり知られてません。

まとめ これも立派な再定義!

実はこれもフリマアプリというものの再定義ですよね^^

全く別の側面から再定義をすることで、
全く別の価値を発生させられます。

身の回りを見ていくと、そう言ったもので溢れています。

バイマは野菜が売れませんが、(といっても食品を売っていた人もいたようですw)

他の使い方ができないかな?ということから既存のルールを利用すると

ブルーオーシャンの市場が作り出せることもあるかもしれません。

是非この【再定義するくせ】をつけて、
バイマにも活用して見てくださいね^^

The following two tabs change content below.
白洲ゆるり

白洲ゆるり

アウトソーシング企業経営、コンサル、新規事業企画を経て、副業でBUYMA、情報発信、商品開発、BtoBコンサル等を行っています。 アウトソーシング企業で約50億円の企業のコスト削減をしてきた経験を元に、個人の稼ぎ方に《フル外注化》の概念を取り入れ、仕組み化で稼ぐことをブログで発信や教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

白洲ゆるり

アウトソーシング企業経営、コンサル、新規事業企画を経て、副業でBUYMA、情報発信、商品開発、BtoBコンサル等を行っています。 アウトソーシング企業で約50億円の企業のコスト削減をしてきた経験を元に、個人の稼ぎ方に《フル外注化》の概念を取り入れ、仕組み化で稼ぐことをブログで発信や教えています。