【緊急決定】5/27(土)チャリティセミナーをします!

スクリーンショット 2017-05-11 16.05.09

こんにちは、ゆるりです。

急遽ですが、5/27(土)に急遽チャリティセミナーを行うことになりました!

その内容がただのセミナーじゃないので説明しますね^^

セミナーの表題

今回のセミナーの表題は

《チャリティセミナー》ネットビジネス×ソーシャルデザイン2017

〜被災地で不登校になった子どものためにフリースクールを作ろう〜

です!

◆facebookイベントページ

https://www.facebook.com/events/685166904999959/

 

どんなイベント?

今回のセミナーはチャリティセミナーになっています!

どんなチャリティなのかというと、

被災地のひとり親世帯を支援している【NPO法人マザーリンク・ジャパン】さんが、クラウドファンディングをやってます。

そのクラウドファンディングを支援するために、BUYMA、YOUTUBE、情報発信などの指導者達8人が一堂に介して、それぞれのジャンルのセミナーを行う画期的なセミナーになっています。

それでは、支援先の団体、支援するクラウドファンディングのプロジェクト、どんな指導者達が登壇するのかを説明していきますね!

 

NPO法人マザーリンク・ジャパンとは

 

マザーリンク・ジャパンは、震災後に活動を始めた団体です。

いつの時代でも、どこに生まれても ─

全ての子どもにとって、子ども時代が幸せなものであるように
母親であることに幸福感を感じ、誇りを持てる社会であるように。

という理念のもと、活動をしています。

マザーリンク・ジャパンでは、東北での支援活動として、

    • 被災した子どもが心のケアを受けながら学習できる
      フリースクール
      の運営
    • 被災地の母子家庭・父子家庭・里親家庭への支援
    • 孤独を防ぐ活動『一緒にごはん!プロジェクト』

等に取り組んでいます。

◆NPO法人マザーリンク・ジャパンのホームページ

http://www.motherlink-japan.org/index.html

すでに7年が震災から経っていますが、今も継続して被災地でのシングルマザー、シングルファーザー、里親家庭に寄り添って支援をし続けています。

どんなクラウドファンディングをやっているの?

2118588af6ca7733738fc36fe951747b82201a93

あの日から不登校になった子どもの為にフリースクールを創りたい

被災地のでは不登校の子どもは震災前の5倍。今でも心のケアが必要な子ども達が大勢います。

震災後から5倍に増えた不登校の子どもたち。

心に深い傷を負った子どもたちが心のケアを受けながら学習できる『フリースクール』を皆で創りたい!

というプロジェクトです。

実際現在もこんな大変な状況の子供達がいます。

◆震災当時小1だった女の子。

PTSDの影響で6年たった今でも学校に通えないままでいます。

同じ年頃の子どもの中で成長する大切な時期を丸ごと失ったまま、仮設住宅で6年が過ぎました。本来ならこの春中学2年生です。母子家庭の子どもです。子どもが一人で居られない為に、シングルマザーのお母さんは働きに出られずに、生活に困窮しています。

 

◆本来高校卒業の女の子。

震災後学校に行けなくなりリストカットと自殺未遂を繰り返しています。やはり母子家庭です。お母さんは仕事に行くときに、家の中の刃物を隠して出かけます。それでも、コンビニでカッターを買って手首を切ったことがありました。「寝占さん、どこにいるの?〇〇さんのお嬢さん手首切って救急車で運ばれたから、様子見に行ってやって!!お母さんきっと参っているから。」そんな電話が近所のお母さんからありました。

 

◆今、高校一年の男の子。

震災以降母親への暴力が始まり、不登校に。

 

◆中三で被災した男の子。

高校に入学し夏休み明けの二学期、中学校の制服を着て学校に行きました。彼の中では中学一年の二学期から高校一年の夏休みまでの記憶が消えていたそうです。学校に行くと周りは知らないクラスメートばかり。パニックになりました。そして学校に行けなくなりました。この男の子はその後記憶を取り戻し、今は元気に専門学校に通っています。しかし、男の子が学校に行けるようになった頃、今度は妹が学校に行けなくなりました。お兄ちゃんの状況を見ていた妹はその間お母さんに甘えられることもなく、1人で頑張っていたんです。今でも学校に行けずに引きこもっています。最近、再登校に向けて支援を始めたばかりです。

 

◆高校一年生の女の子。

自営のお父さんの職場が負債を残したまま流され、事業立て直しの為に更に負債を抱え、家に時間も減りました。収入も減り、家に帰っても苛立ち、いつも難しい顔をしています。そんなお父さんの態度にお母さんが情緒不安定になりました。そしてそれが伝染するように、高校一年の女の子が不登校になりました。マザーリンクの支援で今では学校に行けるようになりました。

 

◆高校一年で被災した男の子。

今はもう二十歳を過ぎています。今もまだ家から出られずに引きこもりのままです。

 

その他にも、震災の影響により心のケアが必要な子どもが大勢いました。

「お母さんがいないと1人で仮設住宅で留守番出来ない」といった子どもが沢山。そういった子どもたちの中には不登校ぎみの子どもが多かったようです。毎晩叫び声をあげる子ども、狭い仮設の中を狂ったように走り回る子など、不可解な行動をする子どもの話を沢山聞いてきました。全て人づてに聞いた話ではなく、直接お母さんやお父さんから聞いた話です。

 

もう震災からかなりの時間が経ち、被災地のことも報道されることも少なくなりました。

しかし現在も子供達の心の傷は大きくついたままです。

 

「引きこもりになった子どもをフリースクールに通わせたい。」とご相談をいただいても、『心のケア』が必要な深刻な状況の子ども達が過ごせる場所ではなく、受け入れられない状況が続いています。

こういった子どもたちには、『心を癒やせる空間』と『心を癒やす体験活動』が必要です。

必要なのは、子どもの心のケアをする空間・・・。

心の問題を抱えた子どもたちの居場所・・・。

私たちがより深刻な状況の子どもたちを救う為には、どうしてもそのような場所が必要なんです。

しかし、私たちが支援をしている陸前高田は津波で街ごと流され、そういった子ども達が過ごすのに相応しい建物は残っていません。相応しい場所を探し始めて1年半が経過しています。

震災後工事車両が行き交い、震災前のように子どもだけで歩いて安全に遊びに行ける場所もなくなり、友達同士が家を行き来することもなくなりました。子どもたちには居場所がありません。更に学校に行けない子どもは狭い仮設住宅に閉じこもるしかなく、精神的にもますます追い詰められていきます。そういった子どもたちのために、仮設住宅でも学校でもない心を癒やせる空間が必要です。

 

「不登校の子どもたちの待ったなしの状況を一日でも早く何とかしたい!」そういう思いで、新たなフリースクール建設の為に、このクラウドファンディングに挑戦されています。

 

なぜこのクラウドファンディングを支援するの?

 

実はゆるりは、前職で被災地の復興計画などを復興庁や、被災県や市などと作るコンサルティングの仕事をしていました。

その仕事の一環で、5年ほど前に陸前高田でひとり親を支援するNPO法人マザーリンク・ジャパンさんの寝占さんの元で活動ヒアリングなどをすることがありました。

そして時が過ぎ、facebook上で今回のプロジェクトを知ることになったのです。

ゆるり
久しぶりです!寝占さん、すばらしいクラウドファンディングですね!
マザーリンク寝占さん
ゆるりさん、久しぶりです^^クラウドファンディングに協力してもらえないですか?
ゆるり
仲間に聞いてみて何ができそうかすぐ考えます!

 

こんな感じで、このセミナーは決まりました!

この話が出たのが、5/7だったので、3日間で登壇者の方も協力を決めてくれセミナーの形になったわけです!

ネットビジネスの人は、『稼げればいい』的な人もけっこういるように思われていたり、本当にいたりするわけですが(笑)、今回賛同して頂いたこの方達は、そういったネットビジネスの方とは一線を画して違います^^

本当忙しい中無理矢理時間まで作ってくれて、いろんな面で協力までしてくれてます。

ありがたい限りです!

 

ネットビジネスがなぜ今からの世の中で必要か

 

ゆるりは被災地の東北の活動を調査している時は、まだネットビジネスの『ネ』の字もない状態でした。

しかし今からの世の中、個人で稼ぐ力というのは誰にとっても大事だと思っています。

会社は『副業解禁』ということで、もう会社として一生面倒を見る時代は終わりだよ、ということを言っているわけです。

また現在『地方創生』という言葉が政府主導で言われていますが、地方で住む方こそインターネットのような地場の産業力に頼らない、個人の力をつけて生活する必要性があると常々思っています。

 

現在はそれが可能な世の中ですし、そのことによって生活費や住居費が安い地方を選択して、より自分らしい生き方を選択することも可能だと思います。

例えばブロガーのイケダハヤトさんなどは、高知の山奥でブログで稼ぐ生活をしているということで代表的ですよね。

イケダハヤトさん BLOG

『まだ東京で消耗しているの?』

 

また現在の世界的な地政学的リスク(戦争やテロや災害など)を考えると、その土地を離れざる得ないことが出てくる可能性というのが年々高まっている訳です。

そのような時にも、ネットビジネスのような場所を選ばない『収入の柱』を持っておくリスク回避にもなるかと思います。

また育児や介護の問題というのが、社会問題になっていますが在宅で仕事をしなければいけない方が増えてきていますね。

ただ収入を増やしたいということ以上に、これからの世の中でネットで稼ぐことを個人の収入のポートフォリオに入れておくことが大事な時代になってきていると思います。

 

今回セミナーで登壇する方々

 

今回のセミナーは今市場が急拡大中の『BUYMA』、若者・子供には特に生活になくてはならないものになっており、収入としても億を稼ぐ人までいる『YOUTUBE』、そしてこれからの個人メディア時代だれしもが習得する必要がある個人メディアSNSやブログなどの活用術としての『情報発信』などたくさんのジャンルのセミナーを一堂に聞けるという貴重な機会です!

 

それぞれの登壇者の紹介をしますね!

【BUYMA】

◆小野 明さん

小野明

今回はBUYMAのパネルディスカッションのモデレータをやってもらう小野明さん

『確実に稼げるBUYMA副業入門』著者。現在はバイヤー業をしながらコミュニティ『BRIDGE』 運営。『自分の人生を自分で描ける人を育成する 』という志をもとに 全国でセミナー開催。個人に向けてSNS・ブログを使った集客と売上げUPの支援も行っている。

確実に稼げる BUYMA 副業入門

◆舘山 智之さん

舘山 智之

BUYMA三銃士でご活躍の舘山 智之さん。

青森県出身、東京都在住。日中はIT系企業に勤める普通のサラリーマン。しかし、夜の顔はプラットフォーム「BUYMA」で活躍するアパレル貿易商。最高月収180万円。

◆松尾 望さん

松尾 望

同じくBUYMA三銃士でご活躍の松尾 望さん。

1989年生まれ。埼玉県出身。学歴ナシ。元土木作業員。天候などに左右される安定しない職業のため将来に不安を感じ、ネットビジネスで副業を開始。色々試すが成果が出ず、無在庫で稼げる「BUYMA」と出会い、月収93万円を達成。2017年3月で仕事を辞め、独立

◆Bandoさん

11146524_842557805823028_683491173526963224_n

BUYMAの上級者向けの指導をしているBandoさん。

月商1000万。クライアントに旅費を出して頂いてヨーロッパと中東に旅行。セミナー、スカイプコンサル、個人コンサル、コミュニティ等で過去に指導した人数2000人以上。

 

【Youtube

◆井上泰輔さん

井上泰輔

Youtubeといったらこの方、井上泰輔さん。

福岡県在住。15年間美容師を経てYOUTUBEコンサルタントに転身。「自分にしか幸せにできない人を幸せに」を合言葉にスクール累計指導人数600名以上。現在はYOUTUBER育成などを行い
安定的に広告収入月収500万円をキープ。

 

【情報発信全般

◆和田直也さん

和田直也

BUYMAの発信で検索するとこの人に辿り着く和田直也さん。

24歳 乙女座。19歳の頃にネットビジネスに出会い、22歳で独立後は情報発信ビジネスで単月350万売り上げる。バイマブログSEO1位。BIG TOMORROW掲載。

【司会

◆松山美幸さん

才色兼備 アパレルブランドオーナーの松山美幸さん。

アパレルブランドLaPIECE立上げ。パーソナルスタイリスト、BUYMAパーソナルショッパー、BUYMAのコンサルも行う。
https://lapiece2017.wordpress.com/

 

 

 

と、このようなメンバーでお届けします!

1日でこれだけいろいろなジャンルでのトップランナーのお話を聞けて、1万円はめちゃくちゃ安いですね!

だってこの人たちの元で学んでいる人は、だいたい稼いでますからね!

是非会場まで来てエネルギーを感じてくださいね

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

仮面サラリーマンの白洲ゆるりです^^ 給料以外にもフル外注化して、いろいろな収入源を時間を使わず得ています。 BUYMA、株、情報発信、セミナー講師、商品開発、イベント主催、BtoBコンサル等で副業を行っています。 サラリーマンは別に社畜ばかりではないし、起業しなくても十分満足な生き方を選べるよ〜という考えをもとにゆる〜く書き綴っていきます^^