バイマ ブロックされている海外サイトを見に行く方法

こんにちは、ゆるりです。

バイマをやっていると、海外のサイトを見に行きたいのに、日本のサイトに飛ばされてしまうことってありますよね。

ドッグ
こないだイタリアのブランドなんで、イタリアの直営のサイトが一番安いと思って見に行ったら、日本のサイトに飛ばされちゃったよ泣
ゆるり
ドッグ くん、そうなんだよね。ブランド側も色々考えているので、どういうことか説明して行くね

ブランド側は、それぞれの国で購入してほしい

国旗

世界中に、ブランドのショップがあります。

それぞれの国ごとで、物価の相場がありますので同じ商品でも世界中で金額が異なります。

その金額差を元にビジネスをしているのが、バイマのショッパーではあるのですが、

簡単にいうと

ショップのお姉さん
てめえら、日本でのみ買ってろ!!!
と言っているわけです。

これをブランドプロテクションといいます。

もうちょっとブランドプロテクションについて教えて

ドッグ
実際ブランドがそれぞれの国で購入してもらうためにどんなことしているの?
ゆるり
ブランド側は、日本の人は日本で購入してほしいので、そのために海外のものを購入できないように守っているというのは説明したね。例えば日本から他の国に来てそのブランドのものを購入しようとした時に、IPアドレスで管理して、見れないようにしていたりするんだ。このせいでドッグくんは、イタリアのサイトを見れなかったってことだね
ドッグ
じゃあ海外に行かないと買えないね。。。
ゆるり
今日はそれをくぐり抜ける方法を教えるね

バイマの敵!ブランドプロテクションをくぐり抜けるには

ゆるり
実は日本から海外に仮のIPアドレスをとって見に行くサービスがあるんだ!それがVPN GATEだよ

VPN GATE(http://www.vpngate.net/ja/)

VPN GATE

VPN Gate 学術実験プロジェクトは、日本に所在する筑波大学における学術的な研究を目的として実施されているオンラインサービスです。本研究は、グローバルな分散型公開 VPN 中継サーバーに関する知見を得ることを目的としています。

VPN Gate2

こんな感じで毎日どの国へアクセスするユーザーが多いか、閲覧できます。

VPN Gate に VPN 接続すると、以下の 3 つの利点を得ることができます。

  1. 政府の検閲用ファイアウォールを回避し、海外の YouTube などの Web サイトを自由に閲覧できます。
  2. IP アドレス が VPN サーバーのものに書き換わります。インターネットで安全に情報発信をしたり、Web コンテンツを閲覧したりできます。
  3. 暗号化により公衆無線 LAN を安全に利用できます。

VPN Gate は過去の共有型 VPN サービスと比べて、政府の検閲用ファイアウォールによって遮断されにくいという特徴があります。しかも、無償で利用可能です。ユーザー登録は不要です

しかも無料なんですね!

バイマだとVPN Gateはどんな風に使えばいいの?

スクリーンショット 2017-07-25 15.23.49

日本からはサイトが見れないようになっているサイトに、

インターネット上で「その国の人ですよ〜」的な感じでアクセスできます。

そうすると現地価格もわかるので、あとは転送サービスなどを使えば買い付けできますもんね。

VPN Gateの接続方法

スクリーンショット 2017-07-25 15.28.27

こんな感じで各OSごとによって利用方法が異なるので、ここから

アクセスして見てみてくださいね。

まとめ バイマで稼ぐにはたくさん使えるツールがある

今回紹介したVPN Gateもそうですが、バイマで稼ぐのに結構使えるサイトやサービスって世の中にあります!

あとは普段の生活にも、使えたりします^^

色々試して見てくださいね^^

 

The following two tabs change content below.
白洲ゆるり

白洲ゆるり

アウトソーシング企業経営、コンサル、新規事業企画を経て、副業でBUYMA、情報発信、商品開発、BtoBコンサル等を行っています。 アウトソーシング企業で約50億円の企業のコスト削減をしてきた経験を元に、個人の稼ぎ方に《フル外注化》の概念を取り入れ、仕組み化で稼ぐことをブログで発信や教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

白洲ゆるり

アウトソーシング企業経営、コンサル、新規事業企画を経て、副業でBUYMA、情報発信、商品開発、BtoBコンサル等を行っています。 アウトソーシング企業で約50億円の企業のコスト削減をしてきた経験を元に、個人の稼ぎ方に《フル外注化》の概念を取り入れ、仕組み化で稼ぐことをブログで発信や教えています。