《2017年度版》バイマフル外注化に効く本 10選

book

BUYMA(バイマ)のフル外注専門家のゆるりです。

BUYMAのフル外注化はいろいろな要素から出来ていますよね^^

BUYMAでフル外注化を目指す人向けに、ヒントがめちゃくちゃ載っている本を上げてみました!

ジャンルごとで分けているので、特に気になるジャンルから読まれてもいいと思います^^

バイマフル外注化-時間管理に効く書籍

 

1.時間資本主義の到来

 

資本主義経済にお金という価値観にもう一つ《時間価値》という軸を持つことの重要性について書かれた一冊。

まさにゆるりのフル外注化もただ稼げるようになれればいい、ということではなく、みな平等な時間という制約のある資産的側面について、書かれています。

 

2.『週4時間だけ働く』

 

題名の通り、『週4時間』だけ働き、時間も場所もお金の制約からも自由になるというティモシー・フェリスの傑作。

2011年のアメリカでの大ヒットの一冊でもあります。

この本の中にある、

「ニューリッチ」とは「価値の高い人生を送るために必要な十分な収入を、最低限の労働で
継続的に得られる仕組み」を持ち、「(公私共に)必要なことだけ、したいことだけ、自分に向いていること以外はすべてアウトソーシング・自動化」する人

とはまさに、BUYMAでフル外注化のようなシステムを持つことを意味していると思います!

 

 

バイマフル外注化-組織形成に効く書籍

 

3.WORK RULES!-君の生き方とリーダーシップを変える

 

 

Googleの人事トップが採用、育成、評価のすべてを初めて語った新しい「働き方」の原理原則を書いた一冊です。

チームをどうやって作るのか、どんな人を採用すべきなのか。

どんな機会を与えれば人は進んで働いてくれるのか。

リーダーシップについて掘り下げて書かれており、フル外注化の組織化においても参考になる点が盛りたくさんです。

 

4.SUPER BOSS

 

スーパーボスとは、なんでもできる優秀な人と思っている人も多い中、SUPER BOSS=部下を次々と育てる能力がスーパーであるという点にフォーカスしている、まさにフル外注化に必要な《ボス》の能力について書かれた書籍。

人の能力をどのように開花させて、プロに育てるか。

とても興味深い一冊です。

 

5.バーチャルCEO

スクリーンショット 2017-04-23 20.49.04

バーチャルCEO

 

まさにBUYMAのフル外注化をするにあたって、アウトソーシング先進国アメリカでの外注化事例が盛りだくさんに書いてある教科書的一冊。

自分が社長業として集中するために、外注さんをどのように雇うのかのノウハウがふんだんに詰め込まれた一冊です。

 

6.リーダーシップエッセンシャル

 

自己啓発の王道中の王道《7つの習慣》のスティーブン・コヴィー博士の名著。

リーダーシップとは何か?

チームリーダーとは何を成すべきか?

などリーダーシップについて書かれている内容は、人生すべてに役に立ちます。

 

その中でもモノゴトの見方《パラダイム》を変えることについては目から鱗の一冊。

ちなみにゆるりは先にこのDVDを何度もみましたので、映像の方が理解が進む方はそのような方法も良いかもですね^^

リーダーシップ・エッセンシャル セミナーDVD

 

 

バイマフル外注化-コミュニケーションに効く書籍

 

 

まさに組織構築だけではなく、人間関係の構築においての王道中の王道の一冊。

これは誰しもが読んだほうがいい書籍の一つであることは間違いないです。

◆人を動かす三原則

◆人に好かれる六原則

◆人を説得する十二原則

◆人を変える九原則

から成り立ちますが、その中でも《重要感》を持たせるなど、外注さんに気持ちよく働いてもらう点のヒントが盛りだくさんです。

D・カーネギーの本はどれも名作ですが合わせて

《道は開ける》や《話し方入門》もフル外注化とは関係ないですが人生に非常に役に立ちます!

 

 

8.人の気持ちがわかる人、わからない人〜アドラー流8つの感情

 

外注さんを雇っても、すぐ辞めてしまうという方にまず読んでもらいたい1冊。

自分の価値観で、外注さんに接していないでしょうか。

自分の感情を知った上でどのように人に接すればいいのかについて書かれた名著。

 

バイマフル外注化-未来の働き方を見通す書籍  

 

9.ない仕事の作り方

 

これはゆるりが、個人的に大好きなみうらじゅん(通称MJ)の名著。

『ゆるキャラ』の名付け親でもあり、自分のことを『一人電通』と呼ぶ天才 笑

仕事自体に自分で『タグ付け』すると、こんなに仕事って楽しいんだと思えます。

BUYMA自体に疲れた人はまずこれを読んで、パラダイムシフトを自分自身に起こすことを、オススメします^^

 

10.LIFE SHIFT

まさに人生100年時代をいかに行きて行けばいいのかについて書かれた名著。

この本の内容を読むと、いまの働き方、生き方ではこれからの世界生きて行くのが大変だということが、よくわかる一冊です。

この中で出てくる働き方として、エクスプローラー、インディペンデント・プロデューサー、ポートフォリオ・ワーカーというステージが出てくることについて触れられていますが、ゆるりもインディペンデント・プロデューサー&ポートフォリオ・ワーカー的働き方を推進しています。

 

以上、BUYMAフル外注化に役に立ちそうな書籍をピックアップしてみました。

是非概念的に書籍から学ぶというのは、とても効率的なことなので是非読んでみて下さい^^

 

 

The following two tabs change content below.
白洲ゆるり

白洲ゆるり

アウトソーシング企業経営、コンサル、新規事業企画を経て、副業でBUYMA、情報発信、商品開発、BtoBコンサル等を行っています。 アウトソーシング企業で約50億円の企業のコスト削減をしてきた経験を元に、個人の稼ぎ方に《フル外注化》の概念を取り入れ、仕組み化で稼ぐことをブログで発信や教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

白洲ゆるり

アウトソーシング企業経営、コンサル、新規事業企画を経て、副業でBUYMA、情報発信、商品開発、BtoBコンサル等を行っています。 アウトソーシング企業で約50億円の企業のコスト削減をしてきた経験を元に、個人の稼ぎ方に《フル外注化》の概念を取り入れ、仕組み化で稼ぐことをブログで発信や教えています。