外注化を見出してくれた師匠と食事。

昨日はバイマのお師匠さんである、
小野さんと2ヶ月ぶりくらいに食事をしてきました。

下の写真のイケメンですね。

スクリーンショット 2017-12-12 15.12.49

タイに一緒に10月に行って以来でしたのでしばらくぶりでした。

やはり師匠とお話をすると、エネルギーがチャージされます。

ある人と一緒に時間を過ごすと、

自分のエネルギーが変容することとかあると思いますが、

僕にとって小野さんはパワーメンターのようなそんな存在です。

 

 

 

例年ですと12月は忘年会の予定が、

がっつり入れたりしてましたが、

今年はそういう気分になれず割と出不精な感じでした。

 

 

そんな時に久しぶりに食事をしましょうとご連絡を頂き、青山の創作和食のお店へ。

店の場所がわからず、周りをぐるぐるしてしまいましたw

 

 

小野さんは私にバイマを教えてくれたと同時に、

僕の強みである外注化を引き出してくれた方です。

外注化は外注化でもフル外注化。

 

外注化に関してはもともと仕事で、

企業の仕事を請け負って仕組み化して、

効率化するようなことをやっていたのですが、

まさかこのバイマに活かせると思ってもいませんでした。

 

 

灯台もと暗しですね。。。

 

しかし、僕がそれまで拒んでいた外注化をやり始めたところ、

他の方の外注化の考え方や、

レベルと明らかに異なるということで、

これはすごいぞと小野さんが目をつけてくれたところに始まります。

 

そして特別に僕の外注化のセミナーを企画してくれたんですね。

フル外注化セミナーの感想を、たくさんもらいました^^

今は販売していないですけれど、その時のセミナーを教材で作ったのが大変反響いただきました。

バイマでやっている人で、

ここまで外注化をしている人はいないぞと、

参加者のみなさんにも口々に言っていただきました。

 

どうしてこういう発想に行き着いたのですか?とも聞かれます。

 

こんなにバイマで外注化を必要としている人がいるんだと、その時初めて知りました。

 

昨日も話していたんですが、

意外なことに最近では、

他のジャンルのビジネスをやっている人からの問い合わせも増えているので、これは副業解禁の影響も結構受けていますね。

副業解禁ということは、

それぞれ個人が一企業のようになるので、

自分の時間をこれからも売っていくことになるか、

仕組みを作って、経営するように仕事をして行くかに分かれると思います。

 

自分の時間を売るのか?人の時間を買うのか?これは大きな差です。

 

後者のような発想がまだない人も多いですが、

いち早く気づいている方から、問い合わせをいただいているんだと思います。

 

ということで、外注化を求めている人、

そしてその内容も多様化しているということで、

いわゆる僕にとってもチャレンジになりますが、

僕もバイマだけに限らず対応して行かねばと思っています。

 

案内はメルマガからしていきますので、興味がある人は是非登録してみてくださいね。

メールマガジン登録(BUYMA スタートアップブックももらえます)

メールマガジン登録はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です