バイマ 仕入れ価格の正しい計算の仕方

image

こんにちは、ゆるりです。

これからハイブランドを扱うようになってくると、

ヨーロッパ圏からの仕入れが増えますが、

VAT(Value Added Tax)という現地消費税や送料などの

計算を誤ると利益に大きく響いてきます。

 

仕入に関する費用を正しく計算できれば、

ライバルの売価が定価で購入した場合に比べて

どのくらい安いのか?VIP価格や卸で仕入れているなら

どのくらいの割引を受けているのか?

もわかってきますので、繰り返し計算して

身に着けてしまいましょう!

 

バイマ 仕入価格を構成する要素

商品を海外から仕入れる際にかかる費用を分解すると

以下のようになります。

 

仕入価格=本体価格(+購入国内送料)+国際送料+関税+消費税+国内送料

 

ヨーロッパ圏から仕入れる場合は本体価格の計算が

ちょっとだけ複雑になるので注意してください。

 

今回は「Farfetch」というサイトを使って

「FENDI」の「By The Way」というバッグを例に

仕入価格を計算していきます。

 

「Farfetch」は日本語で見れるのはもちろん、

海外各国の言語に対応したページへ簡単に切り替えられるので、

仕入先としてだけでなく辞書的に使うのもオススメです。

■Farfetch

https://www.farfetch.com/jp

では、早速いきますよ!

1.本体価格

今回はこちらの商品を例に計算してみます。

 

「FENDI」の「By The Way」という人気ラインのミニサイズですね。

Farfetchの日本円価格では\185,760となっています。

 

ここでちょっとした小技なのですが、

ページURLの中にある「/jp」という部分を「/it」に変えて

キーボードの「Enterキー」を押すと、イタリア向けのページが表示されます。

フランスなら「/fr」ですし、他にもあるので調べてみてください。

※各ブランドの公式サイトも大体同じ感じで切り替えできます

 

こんな感じで変えると…

 

英語表記になりましたね!

 

ここで注目すべきはユーロ建ての価格です。

1,200ユーロ(VAT込み)と書かれています。

 

ブランド品は店舗、オンラインを問わず基本的に

「定価」で販売されており、ヨーロッパ圏では

どの国でも同じ価格です。

この商品だったら、イタリアでもフランスでも

ドイツでも価格は同じ1,200ユーロです。

 

じゃあ仮に1ユーロ125円だとすると、

本体価格は1,200ユーロ×125円=¥150,000

と計算したくなるところですが、ここで間違えないように…

 

ページに記載がある通り1,200ユーロ(VAT込み)なので、

ヨーロッパ圏内で買う場合には

そのまま円換算して\150,000で正しいです。

 

しかし、VATという現地消費税はあくまで現地の税金なので、

ヨーロッパ圏外に済んでいる人が直接輸入して商品を買う場合、

このVATは免除されます。

国や地域によりますが、税率は大体16%~18%くらいです。

※中には免税してくれないショップもあります

 

日本からヨーロッパのオンラインショップで買い付ける場合、

もし表示されている金額にVATが含まれるのであれば

本体価格を計算する際に控除してあげる必要があり、

1,200ユーロ÷1.18(VAT18%で計算)

=約1,017ユーロ×125円=¥127,125が正しい金額です。

 

ハイブランドの場合値段が高いので、

このVAT控除を忘れるとそれだけで計算結果が

数万円変わってしまうので間違えないようにしてください。

 

アメリカから仕入れる場合はVATは関係ないので無視していいです。

 

2.国際送料

国際送料に関しては単純なので説明することも

あまりないのですが、各ショップごとに金額が決まっているので

仕入に関する費用として加算するのを忘れないでください。

 

一定の金額以上のオーダーは無料になったり、

サイズや配送方法で金額が違ったりしますが、

ヨーロッパから日本へ送ると大体3,000円~6,000円くらい

じゃないかと思います。

 

どこに金額が書いてあるかわからない!というときは、

ショップの中で「Shipping」や「Payments」「Terms & Conditions」

といった言葉を探してリンク先ページへ飛んでいくと

どこかに記載があると思います。

 

英語のサイトでは規約などもすべて英語で書かれています。

困ったときはGoogle翻訳にコピペして解読していきましょう。

 

どうしてもわからないときは、実際に商品をカートに入れて

購入直前の画面までオーダーを進めていくと

もろもろの費用が計算されて最終確認画面が出てきますので、

初利用のショップはこの方法で試した方が確実かもしれません。

 

3.関税、消費税

商品を海外から輸入する際は「関税」「消費税(日本国内)」がかかります。

※例外もありますが詳細は検索してみてください

 

実際に計算される関税や消費税の金額は担当する通関士によって

異なる場合も多いので、およその算出方法を押さえておけばOKです。

 

計算方法

課税計算のもとになる金額は「商品本体+国際送料」で、

商用の場合は合計額×100%、個人輸入の場合は合計額×60%が

課税価額になります。

※転売のために輸入する場合は商用扱いになるのが原則ですが、

通関士によって扱いがどうなるかマチマチなのが実態です…。

 

例)商品本体+国際送料が50,000円の場合

・商用:50,000円×100%=50,000円

・個人輸入:50,000円×60%=30,000円

 

また、関税率は商品の種類によって異なりますが、

・靴:30%

・靴以外10%

で計算しておけば大きく外れることはありません。

※素材によって関税率が異なります。

いちいち調べていると時間ばかりかかるので

ザックリ計算して出品しておいて、

受注した時に再計算してみるなど各自工夫してください。

 

【税関】主な商品の関税率

http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/imtsukan/1204_jr.htm

 

消費税は日本国内で買い物する際と同じ8%です。

 

先ほどの例を元に計算を進めていくと、

【商用の場合】

課税価額:50,000円×100%=50,000円

 

・靴のケース:関税率30%

関税:50,000円×30%=15,000円

消費税:50,000円×8%=4,000円

 

・靴以外のケース:関税率10%

関税:50,000円×10%=5,000円

消費税:50,000円×8%=4,000円

 

【個人輸入の場合】

課税価額:50,000円×60%=30,000円

 

・靴のケース:関税率30%

関税:30,000円×30%=9,000円

消費税:30,000円円×8%=2,400円

 

・靴以外のケース:関税率10%

関税:30,000円円×10%=3,000円

消費税:30,000円円×8%=2,400円

 

となります。

 

4.国内送料

日本で商品を受け取ってお客さんに発送する場合は

当然日本国内の配送料もかかります。

 

 

セレブ層に好まれる配送業者もあるとかないとか

いろんな話があるので、懇親会の時にでも

さりげなく周りの人に聞いてみてください(笑)

 

まとめ バイマの仕入れ価格の計算

今回は商品を仕入れる際にかかる費用を

すべて解説してきましたが、工夫次第でコストを

抑えられる部分も当然あります。

 

このショッパー以上に売価が安いな…という場合は

何かしらカラクリがあるので、どの部分のコストを

抑えているのか商品ページや発送方法など細かく見て

分析してみてください。

 

こうやればこの値段になるのか…!?と気付けたら

自分のショッパーとしてのレベルがひとつ上がります。

 

では、引き続きがんばっていきましょう!

 
The following two tabs change content below.
白洲ゆるり

白洲ゆるり

アウトソーシング企業経営、コンサル、新規事業企画を経て、副業でBUYMA、情報発信、商品開発、BtoBコンサル等を行っています。 アウトソーシング企業で約50億円の企業のコスト削減をしてきた経験を元に、個人の稼ぎ方に《フル外注化》の概念を取り入れ、仕組み化で稼ぐことをブログで発信や教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

白洲ゆるり

アウトソーシング企業経営、コンサル、新規事業企画を経て、副業でBUYMA、情報発信、商品開発、BtoBコンサル等を行っています。 アウトソーシング企業で約50億円の企業のコスト削減をしてきた経験を元に、個人の稼ぎ方に《フル外注化》の概念を取り入れ、仕組み化で稼ぐことをブログで発信や教えています。