今の20歳の日本人って何歳まで生きるか知ってる?

スクリーンショット 2017-02-16 9.14.56

こんにちは、ゆるりです。

突然ですが、サザエさんの波平さんって

何歳か知ってますか?

 

 

 

答えは・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何と54歳

 

奥様のフネさんは52歳。

以外とみなさん若い!

仕事には行っているけど、60代後半くらいか

と思ってましたよ^^;

 

いや、急に何が言いたいのって話ですけど、

今の50代ってもっと若いですよね。

 

 

サザエさんの戦後の時代と、今の時代はもう

明らかに『人の若さ』自体が違うってことです。

 

1950年の時点で、日本人の平均寿命は男性で

58.5歳、女性で61.5歳でした。

ということは、あと波平さんは4年くらいすると、

日本人の平均寿命に達します。

今の年齢で80歳くらいになるんですかね。

余生も短い時代だったのですね、、、

元気な波平さんの寿命もそんなに長くないかも

と思うと、ちょっと悲しい。。

 

それはともかくこの戦後から70年弱経って、

寿命は85歳近くまで伸びました。

 

この時代から比べると

25年以上人が長生きできる

ようになっているんです。

 

これってすごいことですよね!

 

まあこの平均寿命が伸びているという裏には、

乳幼児の死亡率が激減したというのが大きいこと

は間違いありません。

しかしその時期も超えて、尚医療が向上して

年々寿命は伸び続けているわけです。

 

 

そして未来。

 

本『LIFE SHIFT 』によると、

今20歳以上の人は100歳以上、

40歳以上の人は95歳以上、

60歳以上の人は90歳以上

生き確率が半分以上

あるらしい(!!)

 

■LIFE SHIFT リンダグラットン著

 

何もなしにこの話を聞くと、100歳なんて

ないでしょうと思うでしょうが、

現実に波平さんの時代から30年寿命が

伸びているので、これはかなりの確率で

ありえるわけです。

 

そうすると、今までモデルケースとしていた

生き方は全く意味をなさなくなっていきます。

20代前半まで教育を受け、就職し、

60代で定年をして余生を生きる。

定年してから時間が40年ありますよ!

 

でもまだ『サザエさん』の時代の価値観が、

良き日本だとか言っている人まで

いるわけです。

『良い時代』かもしれませんが、

時代が全く違う訳です。

 

これからAIが台頭してくることは

わかっているのですが、死ぬまでにそれ以上の

 

現在の価値観が通じない変化』が

何回も何回もやってくるわけです。

 

本当にすごい時代に僕たちは生きてますね!!!

 

なので一生安泰のスキルとか職場とか、

まずないと思って生きたほうがいいですよね。

 

良く言われることですが、

『変化に対応できるものだけが生き残れる』

と言われます。

 

旧来式の価値観に依存せず

『生き抜く力』

が今の時代には大事なわけです。

 

そのために『健康』が必要だし、生活するための『稼ぎ力』や

『ファイナンシャルリテラシー』も持たなければいけない。

 

そして『ただ長生き』してもしょうがないわけで、

自分にとって『何が幸せか』を認識する必要も

あるし、人間関係やネットワークのような

『無形の人的資産』も大事です。

 

 

自分の中の『核(コア)』のようなものをはっきり認識しながら、

変化を楽しむ『感性』と『図太さ』を持って

楽しんでいきたいですね!

 

 

セミナーなどメルマガから告知していきますので、是非こちらから登録して下さい

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして白洲ゆるりです。 アウトソーシング企業経営、コンサル、新規事業企画を経て、BUYMA、株、情報発信、セミナー講師、商品開発、イベント主催、BtoBコンサル等を行っています。 アウトソーシング企業で約50億円の企業のコスト削減をしてきた経験を元に、個人の稼ぎ方に《フル外注化》の概念を取り入れ、仕組み化で稼ぐことを教えています。 サラリーマンは別に社畜ばかりではないし、起業しなくても十分満足な生き方を選べるよ〜という考えをもとにゆる〜く書き綴っていきます^^